「第二青函トンネル」を建設せよ

先月、北海道新幹線が開業しましたが、利用客数が伸び悩んでいるとの報道もあり、今後、地元への効果をより大きなものにするためには、札幌への早期延伸と所要時間の更なる短縮が必要です。青函トンネルが貨物列車との共用区間となっていて、新幹線が最高速度で走行できないことが時間短縮の大きなネックとなっています。


所要時間の更なる短縮の実現や札幌への延伸には多額の費用がかかりますが、今は、多額の費用と長い期間を要するインフラ事業を進める絶好のチャンスです。日銀のマイナス金利政策や民間の資金需要低迷の影響で日本国債の金利が史上最低水準となっており、日本政府は極めて低コストで資金 を調達できる状況にあるからです。


そこで、京都大学大学院教授で内閣官房参与の藤井聡氏が提案しているように、日本国債の金利が極めて低い水準となっていることを利用して国債を大量発行し、多額の費用と整備に長...

ご支援くださる方はクリック→