企業の出産金制度2

今日はこんな記事です。

待ったなしの少子化問題。今、日本経済に必要とされる子育て支援制度

記事内容は、よくある少子化への警鐘と主な対策の紹介です。あまり目新しい情報はありませんでしたが、企業の出産金制度で新しい情報が一つありましたので、ご紹介します。

記事の後半から抜粋します。

この問題を解決するためには、国の取り組みだけでなく、企業の協力も不可欠だ。例えば、大和ハウスなどは「次世代育成一時金制度」を設置しており、社員にこどもが産まれた場合、一子につき100万円を支給している。また、出産した配偶者をもつ男性社員が、出生日から連続5営業日の休暇を取得できる「子育て休暇(ハローパパ)制度」や、福利厚生代行会社との提携により各種サービスが受けられる「育児支援サービス」を導入し、保育施設の利用料を割引するなど、育児を経済的に支援する取り組みを行っている。

アキュラホー...

ご支援くださる方はクリック→