移民政策への対案は財政出動です

最近は寄稿でもブログでも動画でも移民問題ばかり扱っているような気がします(笑)
TPPも大問題ですが、移民も大問題。いくら書いても書き足りないというのが正直なところです。

TPPにしたって移民にしたって根本は「ヒト・モノ・カネが国境を超えて動く、自由にさせろ!」という新自由主義なイデオロギーが問題です。
そもそも主流派経済学とはコテヤンの認識では学問ですら無く、共産主義、マルクス主義と一緒のイデオロギーです。
学問の根本は真理の解明や再現できるかどうか?もしくはどのような現象なのか?こういったものをありのままに見ることに有ると思います。
でも新自由主義も共産主義も「きっと歴史はこうなるはずだ、なっていくはずだ」という仮説にしか過ぎず、しかも現実を説明できない仮説なわけです。


さて、前置きは置いておいてと…
TPPなんてものは「グローバル企業にとって都合の良い法律体...

ご支援くださる方はクリック→