経済こそが最大の争点で喫緊の課題

今日ざっと世論調査の結果を眺めていましたら、日経の世論調査ですら「経済対策が必要」が過半数以上になっておりました。
安倍政権がしきり
「経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)はわるくない!」
「緩やかな回復基調!」
などとうそぶいても、実感として全く景気回復していないと多くの人が感じているのでしょう。


何故経済こそが一番大切か?ということを今日は書きます。
経済というととかく「財政がどーのこーの」「税収がどーのこーの」「税金がどーのこーの」「外資がどーのこーの」等々の狭い議論になりがちですが、本来経済とは「経済の後ろ側にある国民の生活」の話です。

では国民がほんとうに必要としているものは何か?豊かで安心して暮らしていける生活です。たったそれだけのことを、この国では政治家も有識者も経済学者も理解していないようです。
消費税議論で言うならば、重税国家が栄えた試しは...

ご支援くださる方はクリック→