インドネシアの子育てから何か学べるか

核家族化が進む日本が「インドネシア流の子育て」から学べるものとは
DistinctiveImages/iStock/Thinkstock日本の「核家族化」は年々進行し..........≪続きを読む≫[アメーバニュース]


少子高齢化対策として、他国に学べ、という意見はよくあります。たいていは少子化対策に成功し、合計特殊出生率を2前後に維持しているフランスや北欧諸国が例に挙げられます。

今日ご紹介する記事は、実に珍しく、発展途上国であるインドネシアを例に挙げています。

・国が「子供は一世帯二人まで」という家族計画を奨励している。
・国民の平均年齢が30歳未満。
・子育てはコミュニティーで行うもの、という概念があり、子育てをママ同士で分担する。
・育児放棄は貧困層の家庭でもほとんど起こり得ない。

記事の著者は「我が国の少子化問題解決に向けたヒントを見出すこと...

ご支援くださる方はクリック→