保育所増やせと言う前に、愛着障害についての理解を深めましょう

過日拙ブログにおいては、「待機児童」問題に関して、次の記事をアップしました。
『「待機児童」?子どもは保育所入所を待ってない!』


3歳児までは、親の都合を優先させるのではなく、子どもからの視点で、出来る限り親等が抱っこし長時間育てることが必要であり、保育所や保育士を増やすよりも、そのような環境整備のために何が必要かを考えよ、「待機児童」という表現は適切な言葉遣いではなく、子どもは保育所入所を待っていないという要旨です。

どこかのバカ保守おやじのような教条主義的な主張と捉えられることは心外ですので、発達心理学等を踏まえたうえでの主張である旨、記しておきます。

「保育園を考える親の会」という1983年創会の働く親が安心できる保育園について考え、仕事と子育てを両立する生活を支え合うためのボランティア団体のホームページから転載します。
http://www.eqg.org...

ご支援くださる方はクリック→