今こそ自民党に厳しい言論を

G20が現在開かれているようでして、パナマ文章が話題となっております。
そして5月には日本が議長国となって主要国首脳会議が伊勢志摩で開かれるようです。


G20の主要な争点は?というと先ほど上げたパナマ文章に見られる富裕層やグローバル企業の税金逃れ、そして各国の財政出動が装填になっています。
世界がようやく「金融緩和と財政出動」という正しい政策を選択肢に入れ始めたと言えると思います。
・・・・・やっとかよ!?というのが正直な感想ですが安倍政権は伊勢志摩サミットでどのように振る舞うのか?が注目される点です。

さて、国会議員と言うのは我々国民の代表です。
つまりどれだけ有力な国会議員でも、世論の後押しがなければ思っている政策が実現できない、党内でのパワーバランスにおいて主導権を握れないということになろうかと思います。
ならばこそ、自民党議員の中で反グローバリズム派が動け...

ご支援くださる方はクリック→