国土に投資するという発想

企業でも何でも「投資」がなければ発展はあり得ません。
個人の場合でしたら例えば「勉強」など、比較的お金が少なくしかかからず(例えば本代)、自分の労力を投下すれば発展する部分もあるでしょう。

しかしこれは個人の場合のみでして、企業にしたって国にしたって「投資」がなければ発展しないどころか、衰退していくばかりです。
ちなみにここで言う投資とは株式投資や先物などではありません。実態として例えばお金をかけて工場を作る、何かを研究する、インフラを整備する等々の事柄を指しております。

主要先進国の公共事業のGDP比での推移

(ちなみに各国ともにGDPは2008年まで軒並み成長してますので、絶対額で言いますと公共事業費は伸びています。日本以外は。)
さてこういうことを言うと「また公共事業を!」と言うんでしょ?と言われますがその通りです(笑)
本日は「耐震基準」という規制を通し...

ご支援くださる方はクリック→