熊本地震を通して日本人が認識しなければならないこと

続々と熊本地震のニュースが出ておりまして、亡くなられた方が40名以上、インフラが断絶し孤立している方が1千人以上、避難者は9万人という数に現在なっているようです。
再度、被災された方々に心よりお見舞い申し上げ、また亡くなられた方へ哀悼の意を捧げます。

被災地では現在大変な状況のようで、無情にも雨もふり、また4月16日になんと本震があったようです。
本震は阪神大震災に匹敵するマグニチュードのようで、コテヤン自身も阪神大震災を大阪で経験していますが、大阪は震度5や6程度だったかと記憶しています。
想像するだけでも、被災地の大変さが「えらいこと」になっているのだと思います。
また被災地は食料、水ともに行き渡らないようで大変なストレスに晒されているとニュースになっております。
少しでも状況が落ち着くように、コテヤンには祈ることしか出来ないのが歯がゆい限りです。

さて、災害の前...

ご支援くださる方はクリック→