①政府債務の原資は物価

①政府債務の原資は物価

テレビに出演している経済学者や政治家は、国債発行の原資は金融機関や投資家のお金だと摩訶不思議な言っています。また、金融機関や投資家が国債を買わなくなったら政府はお金を調達できなくなり、日本経済は破綻すると、これまた奇っ怪なことを言ってします。お金を発行しているのは政府の一部である日銀ですから、政府がお金を調達できないなどということはありません。政府がお金を調達するときは、日銀にお金を印刷させ、政府が国債を発行し、日銀に買い取らせます。ただし、法的に直接買い取らせることができないことになっていますから、そのときは、金融機関を迂回して買い取らせることになります。金融機関や投資家が国債を買わなくなったら、日銀に買い取らせれば良いのです。国債を買い入れる原資は通貨発行権であるということが出来ます。金融機関や投資家は、運良く、日本の国債を買えていただけにすぎません。日本...

ご支援くださる方はクリック→