①インフレ税は富裕層が負担者する

①インフレ税は富裕層が負担者する

日銀が金融機関を迂回する国債引受を行った場合においても、なお、日銀の保有する国債を政府債務にカウントする者もいますが、日銀は政府の一機関であり、そうした自分(政府)と自分(日銀)の心の中の葛藤などは本来の経済学とは関係ありません。自分と自分との間では債務不履行などの問題は起こらず、外部に対する影響だけを心配していれば良いのです。外部に対する影響とは、すなわち、インフレのことです。「インフレによる国民負担の増大」を俗語で「インフレ税」と言います。「インフレ税」は経済学用語ではないのですが、インフレが国民生活に税金のような負担を強いる様子を表現しています。政府が国債を発行し、同時に、日銀が国債を金融機関を迂回して引受を行った場合、日銀が国債の直接引受を行ったことと同じことになりますが、この場合は、通常では、物価はインフレに誘導されます。しかし、インフレ...

ご支援くださる方はクリック→