子供にハングリー精神を

今日はこんな記事です。

低所得の親の子、低学力&非正規社員になる傾向強まる…経済力が教育格差に直結

先進国の少子化の根本的な問題は、子供の教育にお金がかかることです。低収入の人ほど子供を産みにくい、あるいは結婚しにくい環境にあります。一方では、日本において家庭間の経済格差が広がりつつあることが報告されています。

高等学校に関しては、進学率・退学率で見る限り格差が広がっている影響はそれほど顕著ではないように思えます(こちら)。

が、高校とは桁違いにお金がかかる、大学への進学となると、そうはいかないようです。

記事中では、「金銭的負担がネックになり子供の進学希望を、十分に叶えてあげられなかった」と答えた回答者が3人に1人であること、この割合は収入が低い家庭ほど高くなっています。

原因は、公的負担が少ないことと指摘されています。

では、どうするべきか、...

ご支援くださる方はクリック→