横浜市の待機児童2016

今日はこんな記事です。

横浜市の待機児童、ゼロ達成ならず…利用申請者数は過去最大

横浜市は平成25年4月に待機児童ゼロを実現したことで話題になりました。

が、ゼロを実現したのはそのときだけで、その後実現できてはいません。

記事では、今年の待機児童が7人であることが紹介されています。

しかし、東京都世田谷区(人口83万人)の待機児童が1000人超であることを考えると、人口369万人の横浜市で待機児童一桁が維持されているのは驚きです。関係者の努力の賜だと思います。

記事では様々な数字が紹介されています。

待機児童数は7人ですが、希望通りの保育施設を利用できなかった人は3000人を超えています。この中には育休をとったケースが400人ほど含まれており、記事ではわかりませんが、おそらく保育園に預けることができなかったために育休を延長せざるを得なかったのだろう...

ご支援くださる方はクリック→