⑦債務者のハイパーインフレ待望論

⑦債務者のハイパーインフレ待望論

しかし、あり得ないことですが、仮に、そういうお人好しの、または、ヤケッパチな投資家がたくさんいたとして、財政均衡派が言うように、ハイパーインフレが起こったとします。ハイパーインフレが起こったとして何が変化するでしょうか。現代の日本は、第一次大戦後の1923年のドイツのように、巨額の賠償金を要求されているわけでもなければ、中央銀行を外国勢力に乗っ取られているわけでもありません。また、1990年頃のブラジルのように極端に国内生産力が低いにも関わらず、大量の外貨建て国債を抱えているわけでもありません。こういう、ハイパーインフレに成り得ない条件の中で、ハイパーインフレを想像することは極めて困難ですが、無理して、ハイパーインフレが起こったと仮定します。現代の日本のみならず世界の先進国で戦争があるなどと言うことは考えにくいことなので、生産力はまるまる温存された...

ご支援くださる方はクリック→