「マイナス金利に関するアンケート」調査より

過日、株式会社東京商工リサーチが「マイナス金利に関するアンケート」調査を実施し、その結果が公表されました。2016年3月17日~3月29日、インターネットによるアンケート調査で、有効回答数は6,870社です。
http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20160426_01.html

最も注目すべきはQ2の「金融機関から現在の利率より低利で融資の打診を受けたら、新規資金として調達しますか?」への回答です。

「調達しない」が3,222社(構成比46.9%)で半数近くを占めトップだったとのこと。ただし、「検討中」が31.5%、「新規資金として調達する」が21.6%ありますので、低利融資により、必ずしも資金需要が拡大するとは言い難い結果ではありますが、一定数の企業においては、金利低下による投資促進効果はあるとも言えます。
なお。「調達しない」...

ご支援くださる方はクリック→