LGBTと国家とナショナリズムの整合性-リベラル・ナショナリズム論-

 >>ブログランキングで政治記事チェックor応援クリック >>本日のレシピへ先日のとあるスレにて私というLGBTへの罵倒私自身はLGBTということを隠しておりませんし、両親や職場やノンケ(ストレート)の友達関係でも公言しております。またそれを理由にLGBT関連の罵倒があった時に、マイノリティを盾に発言することは「ポリティカル・コレクトネスの強制」になるかと思い、出来る限り控えております。政策論争に関して言えば、もしくは三橋氏の是非について等々は「LGBTどうのこうのは関係のない話」と承知していますし、政策論争や議論にその話題がかかわらない限り、一個人の性別、性嗜好などなんともくだらない要素でしかありません。 私がLGBTであることと、主張の正当性に何の相関があるのでしょう?いい加減に色々と腹が立ってきたので、今日はリベラル・ナショナリ...

ご支援くださる方はクリック→