欧米と同じことをするだけでは不充分

今日はこんな記事です。 海外の少子化対策どこが違う?出生率が大幅上昇した先進国と日本を比較 昨日は子供の日だっということで、少子化に関する記事が多くなっています。 今日ご紹介する記事は、欧米の合計特殊出生率の変遷を紹介しているものです。 多くの国で出生率は1980-90年頃に低下しましたが、スウェーデンやフランスなど一部の国ではその後上昇に転じました。 その背景として、スウェーデン・フランスでは子育てと就労の両立に対して政府が大きく支援したことを挙げています。 また、家族関係社会支出を対GDP比で比較し、日本が大きく劣っていることを示しています。 これらの情報は2016年少子化社会対策白書からの引用で、このブログでも何度も引用してきたものです。 ここでは白書ではふれていない重要な点を三つ指摘しておきましょう。...

ご支援くださる方はクリック→