②対外純資産による政府債務の返済は可能か

②対外純資産による政府債務の返済は可能か 企業が輸出で得た外貨は、国内では貝殻貨幣と同じように使えませんから、国内で生きていくためには誰かに円と交換してもらわなければなりません。この交換をしてくれる者が政府です。金融機関は、一旦立替をしてくれるだけの中間業者にすぎません。金融機関もまた政府に手持ちの外貨を引き受けてもらいます。日銀も多少は引き受けますが、主たる引き受け手は政府です。そして、政府は外貨を引き取り、ひたすら保有するだけです。政府が外貨を引き取るときは、政府債務を拡大して円を手に入れて、その円で外貨を買い取ります。日銀が外貨を引き受ければ、形式的には、政府は国債を発行することなく、日銀から国内に貨幣を供給することが出来ますが、日銀が外貨を持っていても仕方ありませんから、政府が保有するのです。政府は、為替介入の時などにその外貨を使います。その外貨はあえて必要なのかと言うこ...

ご支援くださる方はクリック→