レベルの低い教育無償化論議

安倍首相が、先日の憲法記念日に「2020年までの憲法改正を目指す」と宣言して以来、俄かに憲法改正論議が活発化している。憲法論議といえば、お馴染みなのが『9条改正』だが、この点について安倍氏は、「1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」と頓珍漢なことを言っている。「武力による威嚇や行使の放棄」、「戦力の不保持」、「交戦権の否定」を謳う9条の1-2項を残したままでは、たとえ自衛隊の存在を明文化したとしても、現状と変わらぬ重い足枷が嵌められたままとなり、他国からの軍事的威嚇行動や在留邦人の救出などの急場に機動的対応を取るのは難しいだろう。安倍氏の「自衛隊認証のための加憲論」は、憲法改正というエサに敏感に反応する“エセ保守層”に媚びを売るための詭弁でしかない。さて、憲法論議で9条と並び話題になっているのが「教育無償化」だ。従来の高校授業料の無償化に止まらず、幼児教育から大学教育まで無償化する...

ご支援くださる方はクリック→