安倍政権の憲法問題含む今後について


安倍総理が憲法改正に関して言及しました。

『憲法9条の1項・2項に関しては維持しつつ、自衛隊の根拠規定を追加』するようです。
この方法だと「自衛隊は軍隊なのか?]という矛盾は残るままです。

これを聞いて安倍総理を誤解していた事がわかりました。
『自衛隊を正式に国防軍にする』事が、安倍総理の悲願と思っていましたが、そうではないようです。
『自身の名を残すために、憲法を1字でも変える』方針のようです。変更された憲法に実効性があるかも気にしてないかもしれません。

個人的には「自衛隊の根拠規定を追加」という件も引っ込める気がします。投げ玉として議論の対象として、最終的に反対派の顔を立てる形で引っ込める。

そして、国民の多数が反対しない「環境権」「知る権利」などのみを対象として憲法改正の国民投票に挑む。

この流れからの「環境権」などの加憲だけなら、公明党も賛成...

ご支援くださる方はクリック→