②貿易黒字拡大と内需拡大は貨幣発行政策において競合する

②貿易黒字拡大と内需拡大は貨幣発行政策において競合する

当然ながら、貿易黒字によっても、内需拡大政策におけると同様に国内に貨幣が供給され、雇用が生み出され、景気が良くなります。オバマ大統領は、韓国とFTA条約を締結したとき、一般教書演説でアメリカの雇用は7万人増えると誇ったほどです。また、貿易企業はほとんどが株式を公開している大企業ですから、貿易黒字の増大で株価が上がります。よって、まず最初に、貿易黒字は大企業の投資家に利益をもたらします。現在の安倍政権において、なぜ内需拡大政策が採用されず、国際競争力にばかり力を入れているかと言うと、これは多国籍企業化している貿易企業の利益を、そしてその株主である国際投資家の利益を国内の中小企業の利益より優先しているためです。こうした傾向をグローバリズムと言います。これに対して、内需拡大は、減税や政府支出によって貨幣を国民全体に押し広げるのですから...

ご支援くださる方はクリック→