なぜ少子化を解決しなければいけないのか

今日はこんな記事です。 少子化加速、今さら聞けない「少子化で引き起こる不安ごと」5つ 記事のタイトルにあるとおり「今さら」ではありますが、なぜ少子化を解決しなければいけないのか、簡潔にまとめてありますのでご紹介したいと思います。以下「不安ごと」5つを抜粋します。 (1)経済規模の縮小
子供の数が右肩下がりの状態が続いていくと、移民や外国人労働者を積極的に受け入れる政策などを取らない限り、日本全体の人口は減少していく。人口減少は国内総生産(GDP)全体にも影響を及ぼし、世界3位の規模を誇るGDPも、生産性の飛躍的な向上なくして、その水準を維持するのは困難になる。国の経済規模が縮小することで、結果として個人の豊かさに影響を及ぼす可能性がある。

(2)労働力不足
子供の数増えないと、生産年齢人口(15歳以上65歳未満)も減少傾向をたどる。足元の雇用情勢は...

ご支援くださる方はクリック→