国債をもっと刷れ!

日本の壊国に熱心な連中ほど、社会構造や経済基盤を破壊する“暴力的な改革”を好み、それが思うように進まぬと、すぐに「外圧」に頼ろうとするものだ。外圧の形は様々だが、自らの願望や主張を一旦輸出し、海外の政府機関高官やエコノミスト、学者らの口を通じて逆輸入するのが一般的だ。「世界銀行事務局長○○氏が、日本の財政危機に懸念を表明した」、「ドイツ銀行チーフ・エコノミストの○○氏は、閉鎖的な日本の労働市場の活力向上のため、移民推進を提言した」等々、外人の口を借りた“マイク・パフォーマンス”がポンコツ経済紙を賑わさぬ日はない。生来“外タレ”に弱い日本人は、こんな安っぽい手にすぐ引っ掛かるから、彼らも何かとそれを悪用する。『日銀の市場経済を止める施策を、海外は厳しい目で見ている』(DIAMONDonline5/10宿輪純一/経済学博士・エコノミスト)http://diamond.jp/articles/-...

ご支援くださる方はクリック→