再び大阪市解体の危機が迫っている!

大阪市を解体し特別区を設置するという、いわゆる大阪都妄想、いや大阪都構想ですが、2年前に「大阪府・大阪市特別区設置協議会(以下、法定協議会)」において協定書案が決議され、住民投票において、その賛否決めるということになりました。
結果は周知のとおり、反対が賛成をわずかながら上回り否決されています。

しかしながら、平成27年秋の大阪府知事選挙及び大阪市長選挙において、大阪維新が推す松井知事、吉村市長が当選したこともあり、大阪維新は再び、大阪市を解体し特別区を設置するための住民投票を行おうとしています。

大阪維新は、そのため再度の法定協議会(正確には「大都市制度に関する協議会」)の対上げを画策しています。

それに関する報道がこれ。
http://www.asahi.com/articles/ASK584V9PK58PTIL00T.html

それに関する京都大学大学院...

ご支援くださる方はクリック→