①TPPは国民を守る国家を解体する

①TPPは国民を守る国家を解体する

TPPは新しいタイプの国際協定と言われています。TPPの特徴は、(1)ネガティブリスト方式、(2)ISD条項、(3)ラチェット条項に存在します。まず、ネガティブリスト方式で、非関税対象を決めようとする試みです。これまでの貿易協定ではポジティブリスト方式で、非関税化する対象をピックアップして決めるものが主流でしたが、ネガティブリスト方式では、締結国は特に守りたい少数のものを除くだけで、他の産業や分野をすべて無差別に非関税化しなければならなくなります。ネガティブな部分にどのような規制があるかを網羅することは不可能であり、また、多数の対象を挙げることは許されていませんから、必ず、後で、重要な部分で支障が出てきます。また、TPPには外国資本の参入の自由化という項目がありますが、その意味は、医薬品、健康被害、農業、漁業、林業、製造業、保険業、金融業、住宅、社...

ご支援くださる方はクリック→