結婚拒否タイプと結婚を諦めるタイプ

今日はこんなコラムというか書評です。 「中流転落不安」が未婚者を増やす!? 紹介されている本は、『中流転落不安結婚クライシス』(山田昌弘著/東京書籍)です。 なぜ未婚率が上がっているのか、を分析・解説した本のようです。重要な部分を抜粋します。 著者によると適齢期を過ぎた未婚者男性には2つのタイプがあるといいます。 結婚拒否タイプ:収入はあるが自分の趣味のために結婚をしないタイプ。女性にモテるタイプが多いが結婚には踏み切らない。特に実家暮らしをしている場合、財布を握られる妻を持つより、家事をしてくれる母親のもとで自分のお金を自由に使える独身でありたいと考える。結婚を諦めるタイプ:ある程度の年収や安定といった経済力が低く、結婚後の生活を支えきれないと諦めている。 結婚しない人に「あえてしない」タイプと「諦める」タイプがいることが重要で...

ご支援くださる方はクリック→