嵐・櫻井翔が”民間人校長”を演じるドラマは維新的新自由主義教育の礼賛か? 実態はセクハラ、万引き…不祥事だらけ – BIGLOBEニュース


嵐・櫻井翔が"民間人校長"を演じるドラマは維新的新自由主義教育の礼賛か? 実態はセクハラ、万引き...不祥事だらけ >>記事全文
BIGLOBEニュース
こうした維新の教育政策の背後にあるのは、もちろん新自由主義の思想だ。しかし、公立私立にかかわらず、公教育は等しく子どものためのものであり、自らの利益のみを追求する私企業的な発想のみでは成り立たない。たとえ利益や効率と相反しても、守らなければならない質 ...

ご支援くださる方はクリック→