フェミニストたちの政治史―参政権、リブ、平等法 [著]大嶽秀夫 – asahi.com


フェミニストたちの政治史―参政権、リブ、平等法 [著]大嶽秀夫 >>記事全文
asahi.com
本書は、19世紀から現代にいたるフェミニズム運動の軌跡を辿(たど)る。 興味をひかれるのは、フェミニズムが、20世紀半ばまでは、社会民主主義と親和的だったのに対して、70年代半ば以降、新自由主義と結びつく方向に転じた、という多分に論争的な主張である。

ご支援くださる方はクリック→