我が国に必要なのは「おカネを使う人」

ここ数年、厚生年金や国民年金保険料の料率改定に伴う負担増が相次ぎ、“第二の税”と呼ばれる社会保険料の負担が家計や企業に重く圧し掛かっている。(公財)生命保険文化センターのHPによると、勤労者世帯の実収入に占める非消費支出(=社保+直接税)の割合は、2005年/15.7%→2010年/17.4%→2015年/18.8%と右肩上がりに増えている。一方の収入(月収)はというと、2005年/473,260円→2010年/471,727円→2015年/469,200円と右肩下がりに減っている。(※安倍政権時の収入水準が、いつもバカにされている民主党政権時より低いのは“ご愛敬”)つまり、家計は『収入源と負担増』の下で収入がGROSSでもNETでも減るという惨事に見舞われているのだ。【参照先】http://www.jili.or.jp/lifeplan/houseeconomy/asset/9.html...

ご支援くださる方はクリック→