加計学園の付箋

金曜日は、secretary-of-japan氏のコラムです。本日は「加計学園の付箋」という稿をいただいております!!!

人気ブログランキング
 文部科学省で作成されたという加計学園の関係する文書について、これは公文書なのか、怪文書なのかという点で多くの人が騒動しております。 私は、この文書は公文書でも怪文書でもないと考えております。 紙の稟議書を社内であげた経験のある方なら、おそらくご理解いただけるかと思いますが、決裁文書に付箋紙を貼ることがあります。たとえば、至急で決裁して欲しいときや、決裁のルートをコントロールしたいときなどに貼るもので、決裁が完了したら剥すという使い方をします。 決裁に必要な関連の資料がどこにあるのかとか、付箋で整理し見やすくためにも使いますから、ビジネスマンとして仕事する上で付箋紙は結構重要です。格式ばらなくて良い...

ご支援くださる方はクリック→