官僚にまかせていいのか?

今日はこんな記事です。 経産省若手の提言「ヤバイ感がすごい」「2度目の見逃し三振は許されない」 経産省の若手官僚が日本社会の課題についてまとめたスライドが話題になっているのだそうです。さっそく見てきました。 不安な個人、立ちすくむ国家 中身のほとんどは「課題」を指摘したもので、対策まで考えているわけではありません。執筆グループを取材した記事によると、「あえて『回答』は出しませんでした」とのことです。 問題提起する分にはいいことだと思います。 ただ、官僚がやったということころにひっかかりを感じます。 日本の官僚は優秀です。しかし、国民が官僚を選んだわけではありません。官僚は、国民・政治家の指示にしたがって動く存在であるべきだと思うのです。 ちょっと話が飛びますが、戦前の政治のしくみの失敗は、政治が軍人をコントロー...

ご支援くださる方はクリック→