吉村大阪市長の大阪都構想住民投票時の非常に重い発言



これは現大阪市長である吉村洋文の2年前のいわゆる大阪都構想住民投票結果を受け、その見解を述べたツイートです。当時は日本維新の会大阪選出の衆議院議員でした。

橋下徹はじめ当時の都構想賛成派は一様に、潔く住民投票結果を民意として重く受け止めるとする見解を表明していたかと思います。
橋下徹なぞは「ラストチャンス」だと繰り返し訴えていました。


ところがどうでしょう。彼ら維新の会の連中は何事もなかったかのように、再び同構想の設計書案を議論する法定協議会設置の議案を提出し、平成30年秋頃には、また膨大な費用を要する住民投票にかけようと画策しています。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASHC09H21_Q7A510C1AC8Z00/

現在、その中心人物が大阪維新の会政策調査会長でもある現大阪市長の吉村洋文です。
先の記事には「公明...

ご支援くださる方はクリック→