マクロン仏政権 ドイツ化なら茨の道に – 東京新聞


マクロン仏政権 ドイツ化なら茨の道に >>記事全文
東京新聞
そもそもアングロサクソン系の投資銀行出身で新自由主義的な経済政策を掲げるマクロン氏への国民のアレルギーは根強い。 大統領選で極右のルペン氏が伸長したのはグローバル化に「取り残された人々」の怒りや不満や不安だったはずだ。経済再生が勝ち組のエリート層に ...

ご支援くださる方はクリック→