育てられない子供のための養子縁組を斡旋する施設を

今日はこんな記事です。 年間18万件中絶の現場―「望まれない妊娠」をどうするか 年間の出生数は減少中で、昨年は98万人でした。一方で人工妊娠中絶は18万件。中絶されずに全ての子供が産まれていれば、少子化は一気に解決、とまではいきませんが、状況が大きく改善することは間違いありません。 もちろん中絶には難しい背景があるわけで、この記事はその難しさを鋭く明らかにしています。 この記事の中に、「どんな女性も安心して産める施設を」という項目がありました。少子化対策として重要な可能性をもっているかもしれません。以下抜粋です。 永原さんはいま、新たな試みに取り組んでいる。自分では育てられない女性が無料で滞在でき、そこで出産できる施設を作ることだ。すでに助産院に隣接する建設予定地を購入した。「お腹が目立ってきたら来ていいよ、と。ここで生活して産むまで、養子...

ご支援くださる方はクリック→