「日米経済対話 日本の国益最大化のために」

「ふるさとを守りたい、子供達の未来を守りたい」様の水曜日のコラムです!
本日は、「原発問題を考える」というコラムを頂いております!!

人気ブログランキング4月18日に麻生副総理とペンス副大統領が出席して初会合が開かれ、日米経済対話が本格始動しました。アメリカは日本に対して、TPPの合意以上の水準の牛肉やコメなどの農畜産物の市場解放を迫ってくるのは確実で、北朝鮮情勢や中国の海洋進出など安全保障環境が緊迫化する中で国防を米国に大きく依存する我が国にとって厳しい交渉になることは間違いありませんが、食料主権の確保など大多数の国民の利益、経世済民という意味での日本の国益最大化を図るために、自主防衛を進める意思を示したり、日米両国の利益になる提案を日本から積極的に行うなど政府は毅然とした態度で交渉に当たるべきだと思いますが、TPPなどこれまでの外交、内政を見ていると安倍政権には正直全く期待でき...

ご支援くださる方はクリック→