利用枠と申し込みのミスマッチ

今日はこんな記事です。 県待機児童7人増の456人4月1日現在1歳児突出、利用枠とミスマッチも静岡 昨日は千葉の、そして以前は仙台の待機児童事情を書きました。どちらも保育施設をつくって定員は増やしたのだけれど、保育士が足りなくて定員を充たせない、という話でした。 今日は静岡県の例です。記事によれば、1歳児の待機児童が突出して多いのだそうです。これは1歳児の利用希望が多かったことによるようです。 子供当たり必要とされる保育士の数は子供の年齢によって異なり、低年齢ほど必要な保育士の数が多くなります。定員として枠はあっても、1歳児を受け入れるための保育士数を確保できなければ、お断り、となってしまうようです。 これもある意味「保育士不足」なわけですが、想定していた保育士が足りない、という話とはまた別ですね。 記事には保育士の絶対数が足り...

ご支援くださる方はクリック→