日経記事のレベルは「回覧板」並み

『1万円札廃止論の裏側』(5/25日本経済新聞電子版)http://www.nikkei.com/article/DGXLASGC24H09_U7A520C1ENK000/?n_cid=NMAIL001『「まず1万円札の廃止を」――。こんな書き出しで始まる本が今春、日銀内で話題になった。ハーバード大のロゴフ教授の近著「現金の呪い」で、冒頭の言葉は日本語版の序文に掲載されている。主張の根拠は大きく2つ。世界中で増え続ける現金が脱税など不正の温床になっている点と、紙幣への逃避を防げばマイナス金利政策が効果を発揮しやすくなるという点だ。(略)第一生命経済研究所は現金のうち40兆円強がタンス預金に回っていると分析。東京都内の税理士はタンス預金が急増する背景に徴税当局の資産把握から逃れたい富裕層の動きがあると指摘する。(略)「やはりマイナス金利しかないのか」。ある日銀マンはこんな感想を述べる。日銀は...

ご支援くださる方はクリック→