行政の長(総理)の責任(◇前川文書関連-1)

金曜日は、secretary-of-japan氏のコラムです。本日は「行政の長(総理)の責任」という稿をいただいております!!! なお、前川氏が存在を明言した前川文書の一連のことを纏めて、一目で問題の概要をお知らせできるようにした前川文書(加計学園関係)のまとめも、ぜひご覧ください。

人気ブログランキング
 総理はどす黒いまでの孤独にたえなければならない。

これは、古今多くの首相経験者や大統領経験者が述べているトップの孤独を示す言葉のひとつです。安倍総理は、このトップは孤独であらねばならないということを知らない、あるいは、忘れてしまったのだろうと思います。 加計学園の理事長と友人関係を続けることで、孤独から逃れたかったのかもしれませんが、友人関係を維持しつつ政権を担おうとしたことにより、行政の公正さを歪めることとなりました。国家戦略特区の会議、...

ご支援くださる方はクリック→