真説・企業論-著:中野剛志-アメリカに学んではいけないレビュー

 真説・企業論ビジネススクールが教えない経営学(講談社現代新書) Amazon >>ブログランキングで政治記事チェックor応援クリック >>本日のレシピへ真説・企業論の構成と中野剛志氏の思い本書は7章で構成されており、以下のようになっています。日本でベンチャー企業を増やすには企業大国アメリカの真実ベンチャーキャピタルの目利き術最強の起業家は誰かオープンイノベーションの本質なぜイノベーティブな企業の方が負けるのかなぜ日本経済はいつまでも停滞から抜け出せないのか恐らくこれまでの中野剛志ファン、特に「富国と強兵」や「反官反民」やその他著書を読んだ読者からすると、この目次は意外な思いがするのだろうと思います。副題には「ビジネススクールが教えない経営学」と銘打たれており、中野本としては異質と言って良い趣になっていますが、それはそれ。中身...

ご支援くださる方はクリック→