生涯未婚率が高い県と低い県

今日はこんな記事です。 生涯未婚率の高い“おひとりさま”47都道府県ランキング 50歳時に未婚の割合を示す「生涯未婚率」(45~49歳の未婚率と、50~54歳の未婚率の平均)は、男性の場合は23.4%、女性の場合は14.1%まで上がっています。夫婦一組あたりの子供数も減ってはいますが、それほど大きくはなく、少子化の直接的な原因は、未婚率の上昇だと考えられています。 記事では、未婚率が高い県と低い県を紹介しています。 都道府県別で見ると、生涯未婚率が最も高いのは、男性の場合、沖縄県(26.20)だ。次いで、岩手県(26.16)。3番目が東京都(26.06)だ。

女性の場合は、トップは東京都(19.20)、次いで北海道(17.22)、大阪府(16.50)の順だ。 逆に、生涯未婚率が低いのは、男性の場合は奈良県(18.24)、滋賀県(18...

ご支援くださる方はクリック→