権威主義と民主主義

株式会社経世論研究所講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆チャンネルAJER更新しました。『言語と民主主義①』三橋貴明AJER2018.4.24https://youtu.be/7l3zThwiv-k◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆権威主義とは、特定の「権威」に個人や社会を服従させる体制であり、国家権力主義ともいいます。わかりやすく書くと、独裁制あるいは専制性で、梅棹忠雄の「文明の生態史観」における、第一地域(ユーラシアの両端である日本、西欧)を除く地域(ほとんど全てですね)は、歴史的、伝統的に「権威主義」でございました。文明の生態史観で「第二地域」に分類された中華帝国、インド帝国、ロシア帝国、イスラム帝国、そして各帝国の属国、衛星国は、封建制度が発達しませんでした。結果的に、...

ご支援くださる方はクリック→