ロシアの自国通貨建て国債破綻など、実際の破綻例についての検討

本日は、望月夜様の寄稿コラムです!今日も大変面白い、「実際の破綻例」を挙げて検証するコラムを頂いております。これは勉強になります。1つ文中で興味を惹かれたのが「特に、外資呼び込みは、言い換えれば対外負債増加という意味でもあるから」という一文。コラムの本旨とはズレますが、「ん?安倍政権がしきりに外資の呼び込みを行う理由って・・・」と気になった次第。経済論としても政治論としても色々な問題を示唆してくれるコラムかと思います!現在進撃の庶民では寄稿コラム執筆者を募集しております。執筆いただける方はアメーバメッセージでご連絡ください。
※アメーバアカウントが必要です⇒ブログランキングクリックで進撃の庶民を応援!ロシアの自国通貨建て国債破綻など、実際の破綻例についての検討~望月夜様noteにて、「経済学・経済論」執筆中!また、「望月夜の経済学・経済論第一巻」、「望月夜の経済学・経済論第二巻」も発売中...

ご支援くださる方はクリック→