現代貨幣論の誤解と貨幣と国債

 >>ブログランキングで政治記事チェックor応援クリック貨幣と国債の共通性と異なる点本日は現代貨幣論の骨子を説明するために、貨幣と国債の「共通部分」と「異なる部分」の2つを論じてみようと思います。やや疲れ気味なので、簡潔、端的に書いていきたいとおもいます。ついでに言葉の定義をざっと先に引用しておきたいと思います。 債務特定の人に対して金銭を払ったり物を渡したりすべき法律上の義務。多く、借金を返すべき義務。対義語:債権 借金借金とは、お金(金銭)を借りることである。また、借りたお金のことも指す。会計・経理用語では借入金と言い、負債という勘定科目に入れる。 借金は、法律的な用語で言うと、債務の一種である。負債負債とは、会社の借金など、マイナスの財産のこと。対義語:資産箇条書きで共通点国がその権限において、インフレにのみ制約されるが理論的には...

ご支援くださる方はクリック→