信用(貸借)、貨幣、そして経済へ

本日は、望月夜様の寄稿コラムです!貨幣というものを歴史学的に、そして現実的に「どのようなものなのであるか?」という興味深いコラムを頂いております。イロハのイのごとく、現代文明の経済におけるケは貨幣でもあり、それ自体の本質を捉えることは非常に重要なことのように思えます。またコラムの中で重要だと思うのは「信用」は「交換」ではなく「贈与と返礼」という部分。なるほど、いろいろと考察が捗るのではないでしょうか?現在進撃の庶民では寄稿コラム執筆者を募集しております。執筆いただける方はアメーバメッセージでご連絡ください。
※アメーバアカウントが必要です⇒ブログランキングクリックで進撃の庶民を応援!信用(貸借)、貨幣、そして経済へ~望月夜様noteにて、「経済学・経済論」執筆中!また、「望月夜の経済学・経済論第一巻」、「望月夜の経済学・経済論第二巻」も発売中!その他、「貨幣論まとめ」「不況論まとめ」「財...

ご支援くださる方はクリック→