マクロを知らぬ緊縮狂徒

『「消費税14%に」小林喜光同友会代表幹事』(4/27産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00000502-san-bus_all「経済同友会の小林喜光代表幹事は26日、産経新聞などのインタビューに応じ、消費税率を来年10月に10%へ引き上げると同時に、国と地方の基礎的財政収支(プライマリーバランス、PB)を平成37年に黒字化させるためには、「消費税率を14%まで引き上げるべきだ」と語った。小林氏は「国家の持続制を確保することが重要で、そのためには財政再建は欠かせない」と強調。昨年の衆院選で、「野党が軒並み消費税率引き上げの中止や凍結を打ち出す中で、明確に引き上げ方針を示したのは自民党であり、安倍晋三政権だ」と指摘し、引き続き財政再建路線を進めるべきだとの考えを示した。また、財政健全化を先送りさせないためにも「諸外国にあるような...

ご支援くださる方はクリック→