老いの一徹:「空想的資本主義論: 『国家資本主義』は成り立つのか?(その3・最終)」

本日は、有閑爺い様の寄稿コラムです!「国家資本主義」というと言葉のイメージでは「なんだか怖い」などの印象を受けるかもしれません。あるいはナチス・ドイツの「国家社会主義」を思い起こす人もいるでしょう。もしくは共産党の「科学的社会主義」ですとかでしょうか。しかし有閑爺い様の構想はかなり興味深くて、検討の価値は十二分にあるものと思われます。エマニュエル・トッドによるとロシアは安定の道をたどっているそうですが、その背景には「グローバリズムと一線を画する」「国内企業の国有化」などの施策が存在する、という事実の提示をさせていただきまして・・・有閑爺い様のコラムをお楽しみいただけたらと思います!現在進撃の庶民では寄稿コラム執筆者を募集しております。執筆いただける方はアメーバメッセージでご連絡ください。
※アメーバアカウントが必要です⇒ブログランキングクリックで進撃の庶民を応援!老いの一徹:「空想的資本...

ご支援くださる方はクリック→