①地方の問題の核心は住民の貧困化にある

①地方の問題の核心は住民の貧困化にある 中央政府の債務とは通貨発行の記録に過ぎないのでデフォルトはあり得ず、よって債務としての実体はありません。通貨発行の過剰によって何が起こるかと言うと、民間の市場においてインフレが起こるだけです。つまり、通貨発行の過剰はインフレ以外には何の支障もありません。言い換えれば、インフレさえ起こらなければ、中央政府には無尽蔵の通貨発行という財源があります。このことは、これまでも繰り返し述べて来たとおりです。このマクロ経済の理解がまず基本になければ、今、地方で起こっている貧困化の問題を理解することは出来ません。地方自治体は国の決めた法律の下でしか課税出来ませんから、その理由から、地方財政が中央政府から独立しているという理屈は成り立ちません。むしろ、明確に、地方財政は中央政府の財政政策の端末であると断言することが出来ます。よって、中央政府の代理人としての...

ご支援くださる方はクリック→