③国家戦略特区は地方の発展を目指すものではなく企業の利益を目指すもの

③国家戦略特区は地方の発展を目指すものではなく企業の利益を目指すもの 国家戦略特区とは、法律を超越した特別区を設定し、そこで規制の解除を行い、それを全国に押し広げる目的で作られるものです。内閣府のホームページにはっきり書いています。国家戦略特区の目的は、世界で一番ビジネスをしやすい環境を作ることです。つまり、規制緩和や税制面の優遇によって、企業が最も儲けやすい環境を作ることが目的です。労働基準法などの、企業が儲けにくい法律は全て「岩盤規制」と呼ばれています。安倍総理は先頭を切って岩盤規制を打ち抜くドリルの先端になると宣言しています。あくまでも、企業利益のためのものであり、企業が儲けられれば地域はどこでも良く、疲弊した地方を再生させようという視点、それどころか、そもそも田舎という意味における地方の発展についての関心はありません。それゆえ、国家戦略特区の中には関東、関西、中部が含ま...

ご支援くださる方はクリック→