卑しい新自由主義者たちの小さな躓き

大阪都構想の賛否を問う住民投票は、周知のとおり、反対派が1万票余りの僅差で勝利した。
この結果を受けて、都構想を推進した大阪の中学生市長は、(今すぐに辞めればよいのに)現在の任期満了を待って政治家を引退すると大見得を切った。 今回のバカ騒ぎは、あくまで大阪市という一自治体に係るものだったためか、投票日が迫るまでは、全国紙や他の地方紙での扱いは大きなものではなかったように思う。(TPP交渉や集団的自衛権の問題に掻き消されていたようだ)
だが、事前の予想を上回る僅差での決着となったこともあり、投票日後はマスコミ各社から大きく採り上げられている。(昨日の真央ちゃんの現役復帰のニュースに、再度冷や水を掛けられたようだが) マスコミ各社は、都構想が否決されたことを残念に思っているのだろう。
「賛否がほぼ同数であったことを踏まえて、しっかりと民意を汲み取るべきだ」、「民主主義の在り方に一石...

ご支援くださる方はクリック→