②竹中平蔵が仕掛ける恐怖の人頭税

②竹中平蔵が仕掛ける恐怖の人頭税

次に、竹中平蔵氏が理想的な税としている人頭税についてお話します。竹中平蔵氏は人頭税を導入することを考えています。そして、竹中平蔵氏の忌まわしいこの理想は、日本の税制の中で『住民税の均等割』、『森林環境税』という形で実現しています。この二つとも、小泉内閣の経済財政担当大臣、内閣府特命担当大臣として、竹中平蔵氏が関与しています。森林環境税は小泉政権下の2003年4月の高知県をスタートに全国の都道府県で導入されました。森林環境税は、年齢や収入によって段階づけられているものの、基本的に一人当たりいくらで課税されるもので、正真正銘の人頭税です。税制は国民経済の基礎を形作るものですから、必然的に、新自由主義者にとっても、税制は、富の一極集中を現実のものとする最も重要な手段となります。そして、新自由主義の旗手である竹中氏は、フラット税化や応益税化を推進したのです。...

ご支援くださる方はクリック→